健康を維持するために…

歯の機能を取り戻す!

インプラントは、人間の身体の中でも重要な要素を持つ歯の機能を取り戻す事が出来る歯科治療のひとつです。
インプラントというのは、フィクスチャーと呼ばれる人工歯根を、骨の中に埋め込み、骨とフィクスチャーが一体化する事で、しっかりとした土台を作り出して、歯の機能を取り戻す事が可能になる治療でもあるわけです。
インプラントの土台とも言えるフィクスチャーは、チタンで出来ているパーツであり、チタンは骨との馴染みが良いという性質があり、一定期間の中で骨とフィクスチャーが一体になっていくのです。
これはフィクスチャーが骨に変化するというようなイメージでもあり、自然に生えている歯と同じ様に、硬い物をしっかりと噛み砕いて消化させる事も可能になるのです。
人間の歯というものは、色々な食事を食べた時に、しっかりと噛み砕いて、胃に送るという大切な役割が有ります。
しかし、歯を失う事で、食べ物をきちんと噛み砕く事が出来なくなったり、硬い物を噛み砕けないため、顎の骨が痩せてしまうことになります。
これを補ってくれるのがインプラントであり、治療を行う事で失った歯の機能を蘇らせて、どんな物でも食べれるようになるのです。
色々な物を食べる事が出来るというのは実に幸せなものであり、歯が悪いから、入れ歯であるから食べれないという事が無くなるのです。
但し、インプラントは治療を行えば一生何もせずに使えるかというと、答えはノーです。
どんなに優れた治療であったとしても、自然に生えている歯と同じで定期的なメンテナンスやケアーという事を行う事は大切なのです。
尚、フィクスチャーを埋め込む事で骨と一体化をしますが、インプラントの治療には半年以上の期間が必要であり、最初はフィクスチャーを埋め込んで、骨と一体化するまで待ち、その後でフィクスチャーにアバットメントメントと呼ばれるパーツを取り付け、最後に人工歯をアバットメントに取り付ける治療を行う事になるのです。